logo
Home

あずみ ネタバレ

川のほとりでやえと眠っていたあずみは、山賊に囲まれて目覚めます。あずみは着物を着たままでした。 さらわれそうになったやえとあずみですが、あずみは腹をくくります。 「いくら逃れようとしても、逃れられぬ。斬りたくなくても、斬らされる」そう悟ったあずみは、山賊を退けて、「ごめんやえ。俺(注:あずみの一人称は「俺」です)にはこれしかないんだ」と言って着物を返しました。 そして、なちからもらった勾玉を渡すと「この人が守ってくれる。いつでもきっと」と言い、馬で去ります。あずみの後ろ姿に、やえは「あたし待ってるね」と告げました。 刺客としてしか生きられないと悟ったあずみは、月斎の元へ急ぎます。 清正邸では、月斎がはりつけにされていました。近づいてくるあずみに「来るな」と月斎が言い、美女丸が月斎の首を斬ります。 あずみは土台を切ってやぐらを倒しました。 その頃、麓の村では当初は美女丸らに金で雇われて好意的だった手下たちが、反旗を翻していました。金を握らされはしたものの、それ以上の損害を、いくさで村に与えているからです。 怪我をしながらも生きていたながらは、あずみに爆薬を渡すと、火炎放射をしながら敵の軍勢に乗り込みました。 飛猿は、あずみと戦おうとする美女丸を制止しようとし(飛猿は女性を傷つけるのが嫌い)、美女丸に殺されます。 美女丸とあずみが対決し、あずみが勝利しました。 瀕死の月斎の元に駆け寄ったあずみは、「うきはもながらも死んだ」と言って泣きます。月斎は「自分の思いのままに生き抜け」と言い、泣くあずみに「お前は泣かん子じゃったのにのう」と言いながら息絶えました。 勘兵衛と清正は、海のど真ん中に逃げていました。船に乗っています。 さすがにここまでは追って来られまいと油断した清正の背後に、海中から突如として現れたあずみが忍び寄り、一撃で清正を仕留めるとまた海に潜りました。 勘兵衛は清正の死を目の当たりにし、口惜しがります。 邸のがれきの中から、ながらが出てきました。ながらは生き残っていました。 あずみはながらに近寄ると手. ・あずみをはじめとする最強の暗殺集団を育てた人物。自身も年齢を感じさせない腕の立つ武人である。 あずみ ネタバレ ・枝打ちと称して育て上げた子供たちに殺し合いをさせる残酷さを持つ一方で、命を落とした子供たちの姿をこけしに彫って持ち歩く情の深さも持っている。. あずみ ネタバレ ずいぶん前に完結しているので、多少のネタバレはいいですよねー? 基本的に、『あずみ』を読んだことがある人向けです。 これから『あずみ』を読む方は、せめて「後半のネタバレ」の前で引き返してくださいね!(分かるようにしておきます。. 「盗賊を100人殺しても、世の中は変わらん」「我らにはもっと大事な使命がある」と月斎は言いました。村人は全員殺されました。 あずみはこの時「民衆を見殺しにしてまで、なさねばならぬ大義とはなんだろう」と考えました。 あずみ ネタバレ 宿に入った時、月斎に天海(てんかい)から改めて文が来ます。天海は徳川家康の右腕として、常に補佐していました。 『浅野長政、加藤清正、真田昌幸、右三名の者、関ヶ原の戦をいまだ豊臣側の敗北と認めず。 豊臣側の後継者たる若き秀頼殿こそ真に天下人にて、秀頼殿が成人のあかつきには、天下を移譲せよと迫られる。 この者どもこそ、徳川にあだなさんとする、逆賊なり。 葬り去るべし。』 こうして「浅野長政」「加藤清正」「真田昌幸」の3名を殺すことが命ぜられました。まずは浅野長政です。 釣りをする浅野長政らに近づいたあずみは、長政が無邪気に釣り糸を垂れているところへ現れました。 あずみが少女ということもあって、長政は警戒心を抱かずに話しかけます。 あずみは、川に石を投げて魚を気絶させて捕りました。釣り糸ではなく、石で魚を捕るこの方法を見た長政は、上機嫌であずみを近くに呼びました。 近寄ったあずみは、浅野長政かと誰何します。そして確認が取れた直後、うきは、ひゅうが、あまぎ、ながらたちとともに、長政の一行を殺しました。 長政暗殺の知らせを聞きつけたのは、井上勘兵衛です。勘兵衛は加藤清正の側近です。 清正と勘兵衛は、長政が徳川の刺客によって殺されたと気づき、警戒を強めました。 清正の乗った駕籠を、あずみたちは待ち構えて襲います。あずみは勘兵衛に銃で狙われましたが、かわしました。 駕籠は二手に分かれ、あずみとひゅうがが飛猿と呼ばれる男と戦い、うきは、あまぎ、ながらがもう1つの駕籠を追いました。飛猿は孫悟空のような格好をした男で、戦闘の腕は強く、あずみとひゅうがは苦戦します。 うきは、あまぎ、ながらは、もう1つの駕籠にいた清正を討ち取りました。しかしあまぎが忍者と戦った時に腕に傷を負います。 あずみたちは知りませんでしたが、討ち取ったつもりの清正は「影武者」で、本当の清正は生きていました。 暗殺をしながらも、あずみは「本当に殺さねばならない相手なのか」内心悩みます。というのは、接した折にあずみの目には、長政は好々爺、好人物にしか見えなかったからです。 寺で眠りにつきながら、あずみは. 想い合うあずみとうきははお互いのために死のうとするが、うきははあずみを救うため、自分の刀に細工を施した。 決戦の日、うきははあえてあずみを焚き付け、自分に切り掛かるように仕向けた。あずみの刃を受けたうちはは、笑顔で死んでいくのだった。. ※ネタバレ注意※ 漫画「あずみ」の危険な相手BEST 5 戦国時代から江戸時代に移ろうとする時代、あずみは枝打ちという使命の為に、爺・小幡月斎により人里離れた場所で秘かに刺客として育てられた. あずみ 圭の近況ボードの更新履歴:35:36 更新のお知らせについて:14:03 ブラウザゲーム事前登録受付中です。.

ちなみに斬られた店の客は、本当はならず者たちの一味で、お芝居でした。 金角は銀角に、なぜあずみを追わなかったのかと問います。銀角は、「あの女(あずみ)は強い、下手すりゃ斬られる」と答えました。 金角と銀角のコンビと出会ったあずみは、動揺を隠せずにいました。というのも、銀角は幼い頃から心を通わせていたのに、斬らざるを得なかった幼馴染みの「なち」にそっくりだったからです。 寺に戻ったあずみは何者かの気配を感じて、迎撃態勢で寺に入りました。刃を交えた後、相手が自分の育ての親・小幡月斎にいつも命を下していた南光坊天海からの使いだと知ります。 天海に呼び出されたあずみとながらは、天海と会いました。 浅野長政と加藤清正を討ち取ったあずみらを褒めた天海は、「しかし真田は、お前らには討てん」と言います。 真田昌幸は警戒を強めており、怪しい忍びの者たちと通じていました。それを突破するには、場合によっては兵を挙げる必要もある. そう天海は言います。 しかしあずみは納得しませんでした。月斎に鍛えられた自分たちの使命は、真田昌幸を討つことにあるわけだから、「もとより生きて帰ることなど望んではいない」とあずみは断言します。 天海は、真田昌幸を狙うことを許可しました。天海の手下・こずえが協力を言い出します。 さてその真田昌幸は、井上勘兵衛から警告を受け取りますが、逆に「なぜ清正を守れなかった」と勘兵衛を責めました。勘兵衛とて好き好んで大将を討たれたわけではないので、口惜しがります。 真田昌幸は家康に命ぜられて、10年もの間、幽閉蟄居(隠居)の身でした。その間に空如(くうにょ)という女性に入れ上げ、昌幸は骨抜きにされています。 あずみ ネタバレ この空如は上野甲賀忍者を率いる忍びの者でした。つまり、真田昌幸は甲賀衆の忍者に守られているのです。大勢の忍者が城をかためています。. 。. 店に「銀角」が入ってきました。そしてあずみを見るなり、突然「仲間にならないか」と声をかけます。あずみはそれに対して答えず、少額の金を渡して立ち去りました。. ネタバレ注意!映画化もされた漫画「あずみ」はすでに連載終了! 自分は現在でありますが30歳の男性会社員をおこなっております。 自分は最近になり、猛烈にはまっている漫画があります。 それが 「あずみ」 です。 ネタバレ注意!.

あずみとながらは、井上勘兵衛が放った刺客に追われていました。勘兵衛は加藤清正の側近の男で、目の前で清正が殺されるのを手をこまねいて見ていました。清正の復讐のため、あずみを狙っているのです。 大勢の敵に囲まれたあずみとながらは、絶壁から飛び降りました。 敵からは逃れられたあずみとながらですが、ながらは負傷していました。あずみとながらは山寺に逃げ込み、ながらの傷の手当てをあずみはしました。 そのまま夜を明かしたあずみは、翌日、ながらを寝かせたまま、食料調達のために村にある「めしや」の店へ行きます。そこで焼きおにぎりを食べ物を分けてもらったあずみは、店にならず者が侵入するのに出くわしました。 「金角」が率いるならず者たちは、店に入ると客に金の無心を始めます。「やる金などない」と言った侍をあっさりと倒したならず者たちに、客は恐れをなして、次々に金を出しました。 金角はあずみを見て「綺麗な姉ちゃんだ」と気に入りますが、あずみは「そこを通してくれ」と言います。. あずみを含む10人の子供達が、人里離れた場所で秘かに刺客として育てられていた。そして、彼らは爺の言葉をすべて正しいこととして疑うことを知らない、精鋭の刺客として育った。ある日、爺からいよいよ外界に出る時になったと告げられた10人は、修業の総仕上げとも言うべき最初の試練. あずみは第三部あるだろ 何話か前に俊介の明治時代が書かれてるし、2部最終回のネタバレも既にやってるw; 2: 名無しのしらすちゃん:06:47 香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業; 3: 名無しのしらす. 「あずみ」の最終回って?? ビックコミックスペリオールで新連載で「AZUMI」でしたっけ??が始まりましたが「あずみ」は終わってしまったのでしょうか??たしか安曇野に行ってそこは異国人の隠れ里かなんかだったところまでは読んだんですが・・・その後すぐ終わったようですがどんな. ネタバレを含みますのでご注意ください。 【無料試し読みあり】「あずみ(16)」(小山ゆう)のユーザーレビュー・感想ページです。 BookLiveでは、JavaScriptがOFFになっているとご利用いただけない機能があります。. あずみ2を見に行きました原作は読んだことなく、人気があるらしいってことは知ってたのですが、絵が苦手な上、巻数も多いのでそのままスルー。いつか読んでみたい作品の一つです。前作も映画館で見たのですが(成宮目当て)今回は、上戸彩と栗山千明目当てですもう、二人とも「かーわ. 소녀 검객 아즈미 플레이 1 Thank you for watching.

※ネタバレ注意 旅立ちの時を迎えたあずみたち。 あずみたち十人の育ての親、小幡月斎から「好きな者と二人組を組め」と言われます。 素直に正統派イケメン枠のなち. ビッグコミックスペリオールで連載されている、小山ゆう先生による作品『あずみ』を、漫画村の代わりに無料で読む方法をご紹介し 漫画「あずみ」を全巻無料で読む方法|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!. 最新話ネタバレ 黒崎くんの言いなりになんてならない【第71話】 最新話のネタバレと感想!! 年12月11日 ryo3637-r. わたしは映画からです。上戸彩ちゃんのあずみが凄い印象に残っていて今でもたまに思い出します。 マンガは初めて見ていますが、過激な絵が多いです!痛々しい。. 시청해주셔서 감사합니다. 江戸時代の初期の日本。徳川家康が征夷大将軍に就いた直後の話。 山の中で、倒れた女のそばに、女児がいました。女は女児の母で、飢えにより死んだのですが、女児は幼いゆえに母の死を知りません。 通りがかった侍(後の爺)が見かねて、女児についてくるように言いました。侍はほかに3人の男児を抱えています。 ひとりの男児に手を取られ、女児は侍とともに森へ去りました. 小山 ゆう『あずみ 48巻』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。.

映画化もされた人気漫画『あずみ』など計32冊が無料公開中! 文 電撃オンライン 公開日時 年06月14日(日) 11:20. 漫画「あずみ」1話のネタバレと無料で読み放題を提供しているサービスがあるかを調査しました!完全無料で「あずみ」を. ★ ★ あずみ ネタバレ ★ ★ ★ 途中までしか読めなかった、再掲載に期待。. あずみたちは旅の途中で、見世物の小屋を開く旅芸人たちと親しくなります。旅芸人は華麗な踊りやサーカスのようなものをして、日銭を稼いでいました。 その中の女性のひとり・やえに、ひゅうががひとめぼれをします。あずみもやえと親しくなりました。 翌日、旅立つという旅芸人たちにもう1度だけ会いに、ひゅうがとあずみは行きます。そこで、旅芸人たちが3人の男たちに襲われるのを目撃し、やえを助けました。 どうやら旅芸人たちは先日の清正の刺客と間違えられたらしく、それを知ったあずみは複雑な心境になります。 あまぎは忍者に斬られた腕が悪化し、寝込みました。忍者は刃の先に毒を仕込むことが多く、それにやられたのです。 清正が生きていて自分たちに復讐しようとしていると知った月斎は、旅立とうと言い出しました。 あまぎの負傷を知った月斎は、あまぎを置き去りにしようとします。あずみは「仲間を置いていくなんて、そんなに使命の方が大事なのか」「罪のない人たちが殺されるのを見逃すのが、本当に使命なのか」と月斎に詰めよりました。 あまぎは皆の目の前で自殺して、あずみらを先に行かせようとします。あまぎの死を、あずみは悲しみました。月斎はあずみを追放します。 旅芸人でひとり残ったやえが、自分の故郷へ来ないかとひゅうがを誘います。あずみも連れて3人で行こうと言うやえに、ひゅうがは揺れました。 その頃、あずみたち一行のことを把握して、最上美女丸(もがみ びじょまる)という男がひゅうがを狙います。美女丸は女装をした女言葉の白塗りの男性で、なぜかバラを持っていました。居合抜きの達人です。 ひゅうがの刀が折れているのを知った美女丸は、公平に戦いたいために手先の飛猿に刀を渡させ、戦いを挑みました。 ひゅうがは美女丸に腕を切られた後、なぶり殺しにされます。やえはショックを受けながら逃げました。 あまぎに続き、ひゅうがも死に、墓前で手を合わせるあずみに、やえは「これからどうするのか」と聞きます。 あずみは「かたき討ちだ」と言いますが、やえは「そしたらまた敵が来る、いつまでも終わらない」と返しました。その答えに、あずみは絶句します。 やえはあずみに着物を着せました。女性用の着物で、あずみはそれまで着たことがありません。 あずみに着物を着せたやえは「刀なんて似合わない。人が死ぬのは、もうたくさんだ」と言いました。あずみは、苦悩. (『あずみ』参照)。. mixiあずみ AZUMI 【ネタバレ】千代蔵は死ぬ? ※【ネタバレ注意】 初めまして。 スペリオールでしか読んでいませんが、連載初回から読んでます。今は千代蔵がとてもいいですよねー。 何号か前の読者欄で「『あずみ』ならではの千代蔵の無残な最期に.

azumi-あずみ-のネタバレと結末(最終回)は? 大老井伊直弼が討たれた! そのことを江戸で生活している 人間が知ったのは何と10日後。 まさに幕府がひた隠しに しようとしたことによるもの。 向井家長男駿介がその報を知ったのは. 天海が言った「場合によっては兵を挙げねばならない」というのは、甲賀衆が最強の忍者たちだったからでした。 街道を歩いていた金角らの一行は、ふもとで大々的に「真田の味方になれ」と村人たちに募集をかけているところを目撃します。 真田の兵は、六文銭(ろくもんせん)という、銭を六つ(三つの銭が上下二段に)並べた家紋でした。金で大っぴらに買収して兵を募る真田衆を見た金角は、金目当てで真田兵に入りました。 金で雇われた兵隊たちが戦ったのは、あずみ、ながら、こずえの3人です。戦う相手があずみと知った金角と銀角は「気が変わった」と言って、あずみらの側につきました。 数は圧倒的に真田の方が多いのですが、手練れのあずみたちにかなうわけもなく、軍勢は大敗を喫しました。 あずみたちは、金角と銀角のアジトに案内してもらいます。ながらも銀角を見て驚いていました。それくらい、銀角はなちにそっくりでした。 金角や銀角と行動を共にするうちに、あずみは銀角になちの面影を重ねて、徐々に思いを寄せていきます。また銀角の方でも、あずみに惹かれていきました。 こずえから「あずみは恋をしている」と言われたながらは、「真田へのかたき討ちをあきらめさせて、銀角と生涯を共にさせるのがあずみにとって幸福なのではないか」と考えます。 そしてある日、ながらは真田への復讐をあきらめた振りを装い、あずみと決別する芝居をしました。これによってあずみも、復讐をあきらめたらよいと思ったのです。 ながらはあずみの前を立ち去り、こずえはながらを追っていきました。あずみは銀角らの元に残されます。 しかし「ながらとあずみを決別させる」というのは、こずえの策略でした。こずえは本当は真田衆の空如らの一派だったのです。 ひとりになったながらは、小太刀でこずえに殺されました。 残されたあずみは、まだ復讐を忘れていませんでした。 天海が、服部半蔵が率いる上野甲賀衆に襲われます。 あずみに味方して金角や銀角らの仲間も手助けします。しかし相手方も、全身を黒い毛皮で覆って小太刀を使う土蜘蛛や、飛刀というブーメランのような刀を武器にする六波という敵がおり、苦戦しました。金角が命を落とします。. あずみの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。江戸初期。戦争孤児10人が、徳川家の命で最強の刺客として育てられ、仲間. 約十年後。 孤児であった少女・あずみは、侍・小幡月斎(おばた げっさい)に引き取られて、幼い頃から刺客としての修行を積みました。 月斎は剣の達人で、あずみのような孤児を多く育てながら、一方で剣はじめあらゆる知識を植え付けます。 こうして月斎の下では、10人の少数精鋭の暗殺集団が育ちました。 メンバーは「ひゅうが」「うきは」「あまぎ」「ながら」「ゆら」「あわ」「ひえ」「こもろ」「なち」「あずみ」で、女の子はあずみだけです。 暗殺集団はみな簡易的な和装で、短パンみたいな恰好です。当時の忍びの者の服装でした。 月斎は徳川家から命を受け、旅立つことになります。時代は徳川の世とはなったものの、まだまだ不安分子がうごめいている時代なので、旧豊臣派の有力な大名を暗殺することになりました。 いよいよ山を下りて使命を果たすという日、月斎は10人の少年少女を呼びます。 そして最後の「実戦練習」として、2人組になった相手を殺せと命令しました。幼い頃から親しく育った相手でも殺せるほどの、非情な心を持てという試練です。 これから与える使命は過酷を極め、内容によっては子どもであっても殺さねばならないことがあります。そういう時でも迷いなく斬れるように、とのことでした。 長年ずっと一緒に育ってきた仲間ですから、迷いが生じます。しかしあずみたちは戦い始めました。 あずみは自分と一二を争うほどの腕の持ち主で、ひそかに思いを寄せていた相手・なちと戦って勝利します。なちは倒れ、形見にと青い勾玉をあずみに渡して死にました。 生き残ったのは、「ひゅうが」「うきは」「あまぎ」「ながら」「あずみ」でした。彼らはそれまで住んでいた家を焼き払い、死んだ仲間の墓を作って埋葬した後に、山を下ります。 麓の村まで移動した際、盗賊たちが村人を襲う光景をあずみは見ます。盗賊たちは女子どもでも容赦なく斬り殺していました。 ある母と娘が盗賊に襲われて、馬上から斬りつけられそ. 江戸時代の初期の日本。徳川家康が征夷大将軍に就いた直後の話。 母を亡くし孤児だったあずみは、侍・小幡月斎(おばた げっさい)に拾われて引き取られ、幼い頃から刺客としての修行を積みました。 月斎は剣の達人で、あずみのような孤児を多く育てながら、一方で剣はじめあらゆる知識を植え付けます。 時代は徳川の世とはなったものの、まだまだ不安分子がうごめいている時代なので、旧豊臣派の有力な大名を暗殺することになりました。 月斎の下で育った少数精鋭の暗殺集団は、「浅野長政」「加藤清正」「真田昌幸」暗殺の命令を受けます。 暗殺集団はみな簡易的な和装で、短パンみたいな恰好です。当時の忍びの者の服装でした。あずみは旅芸人のやえからもらった、南蛮風の黒いコートを着用しています。 浅野長政は倒せたものの、あずみたちは加藤清正との戦いで苦戦し、生き残りは「あずみ」と「ながら」の2人だけです。 あずみとながらは、いよいよ最後の暗殺対象・真田昌幸を仕留めるために動き始めました. 月斎は手下どもを斬って斬って清正のいるところへ辿り着こうとしますが、勘兵衛にやられて階段から落ち、重傷を負いました。 うきはとながらは、屋敷の外で苦戦します。うきはが後ろから刺されて致命傷を負いますが、それでも応戦しました。しかし力尽き、うきはは倒れます。. 戦いの中、こずえがひとりで天海のところへ戻りました。「ながらとはぐれた」と言ったこずえは、道案内を買って出ます。 しかしそれは開けた場所に天海らをおびき寄せる罠でした。 「ながらを殺した」と告白したこずえを、あずみはあっという間に倒します。 最後の仲間であるながらの死にショックを受けたあずみは、ひとりで真田昌幸を討つ宣言をしました。 空如にこずえは死んだと告げたあずみは、土蜘蛛と戦います。竹林でワイヤーのようなものを扱う土蜘蛛と戦ったあずみは、右ふとももを負傷して毒でしびれました。 銀角が助太刀に入り、毒でしびれたあずみをかばって背中を刺されます。銀角に攻撃された空如も、逃げ帰りました。 目覚めたあずみは、銀角の背中に刺さった二股の刀を見て、銀角が自分をかばって死んだと知ります。 「なんなんだこれは」「目の前の奴が、みんな死んでいく」と嘆いたあずみは、復讐に燃えました。 真田昌幸側も、空如が辿り着いたものの亡くなったのを見て、怒りを隠せませんでした。 あずみが単身で、真田陣営に赴きます。昌幸の横には、勘兵衛の姿もあります。また天海も姿を現しました。 あずみは昌幸の兵に立ち向かいました。「お前のような若い娘が刺客とはなにゆえだ」と聞かれたあずみは「いくさをなくすためだ」と答えます。 昌幸はあずみと一対一の勝負を決めました。周りにそれを宣言します。 長い槍であずみと戦った昌幸は、あずみにまっぷたつにされました(右半身と左半身のまっぷたつ状態)。 「清正様のかたき」と向かおうとする勘兵衛を、昌幸の息子・幸村が制止します。 「命を捨てても守らねばならぬのは、武士の約束(昌幸はあずみと一対一の勝負を挑んで負けた。ここで勘兵衛が手出しすると、昌幸の約束を破ることになるという意味)」と幸村は告げ、勘兵衛も刀をおさめます。 「これでいくさはなくなるのか」とあずみは天海に問い、天海は「使命は終わった」と答えました。 去ろうとするあずみに、勘兵衛が「どこへ行こうというのだ」と問いますが、あずみは答えないまま去りました。.

※ネタバレサイト、漫画村・星のロミなどの画バレサイトやrar・zipファイル等の情報提供は受け付けていません。 掲載情報を投稿. 千姫の言葉を真に受けたあずみは、秀頼を助けるために・・・。 まだ前話を読んでいない方はこちらから↓ 【6巻第⑤話】あずみ、感想・ネタバレ 大坂城から脱出する千姫は、あずみに秀頼を救って欲しいと涙する・・・. あずみの感想 「あずみ」の感想を募集しています。 感想を投稿. 媚薬に犯されたあずみは理性が飛び、遂に自ら博斗を求めてしまう。今回はとやま 十成(とやま となり)作の『寝たふりしても、無駄だから~姉の彼氏が私を夜這う』20巻ネタバレ。. 女剣士(刺客)としての運命を背負ったあずみを描いた長編漫画「AZUMI」の最終話を振り返った感想です。 一度、「あずみ」として完結している本作ですがそこから続編として「AZUMI」が連載されました。 舞台はちょうど幕末の頃。新撰組や坂本龍馬などが登場し、また一段と面白くなっています. See full list on hm-hm.

しかし、あずみは女でありながら自分と同じような境遇で育ったちこに対して情が移っていたようで、ちこを殺した事に対して強いショックを受けていた。 壮太 あずみを狙う刺客で、二刀流の使い手。坂本龍馬を暗殺した。. ネタバレを含みますのでご注意ください。 【無料試し読みあり】「あずみ(1)」(小山ゆう)のユーザーレビュー・感想ページです。 BookLiveでは、JavaScriptがOFFになっているとご利用いただけない機能があります。. あずみ ネタバレ 楽な気持ちでプレイしてもらえたらそれでいいのですが、頭に入れておいてほしいことが1つあります。 何かと申しますと、無料だと言っていますが、漫画課金が要される場面も出てくるので、必ず利用規約を見ておいていただきたいのです。 あずみ ネタバレ あずみに倒されて花を抱いて死んで行く。 きく 柳生が放った、「騙し討ち」の暗殺を得意とする一族の一人。男の体と女の心を持つ。あずみを騙し討ちにするつもりだったが、一緒に旅を続けるうちに、あずみの優しさがきくを変えていった。. 「azumi-あずみ-」18巻の結末(第四話~七話)のネタバレと感想です。 また、漫画1冊をほぼ無料で読める方法も紹介してます。 以下、ネタバレ情報が含まれます。 しかし、内容は自分で知りたい!という方は以下のリンクから・・・.